【あな吉手帳2018】忙しい毎日を効率的に過ごせるようになる話題の手帳で新生活をスタート♪

もうすぐ4月新年度が始まりますね。
主婦にとっては何かとせわしない季節ですよね(^_^;)
最近は4月から手帳を切りえる方も多くなりました。
わたしも実はその一人で、数年前から手帳は4月はじまりを使っています。
子供がいると、4月から進級、進学して色々と切り替わるので、
4月はじまりのほうが便利なんです。
だけど今回ご紹介する
【あな吉手帳 あな吉ダイヤリー2018年 A5バインダーとリフィルのセット】
に出会うまでは「私は手帳を使いきれていなかったな~」って思います。
このあな吉手帳なら、あなたの忙しい毎日を効率的に整理して楽しい毎日に変えてくれると思いますよ♪

あな吉手帳とは?

あな吉手帳とは、料理研究家・アナザーキッチン代表の朝倉ユキさんが考案して、
「あな吉さん」&カフェグローブ監修により完成した働く女性のための手帳です。
あな吉手帳術を教えてくれる動画講座や書籍があるのですが、
そのあな吉手帳を気軽にスタートできるバインダーとリフィルのセットです。
このセットがあれば、すぐにでもあな吉手帳を始める事ができますよ♪

あな吉手帳の特長は?

ここで簡単にあな吉手帳の特長を解説します。
あな吉手帳は大きく分けると3つの柱から成り立っています。
◆ふせん術(TODOふせんの管理)
◆週間(デイリー)スケジュールの使いこなし
◆情報の一元化(情報持ち歩き)
この3つで成り立つ手帳術で、
スケジュール管理だけでなく、
ベストタイミングで予定を実現させたり、
アイデアを活用しやすくなるのが特長です。

あな吉ダイヤリー2018セット内容

セット内容は
A5サイズクリアバインダー(リフィルサイズ210×148㎜ 6穴)
カレンダー
イヤープラン
月間ページ(マンスリー)
週間ページ(ウィークリー)
デイリーページ
使い方説明ページ
ファスナーポケット
ペンホルダー付やることシート
インデックスシート
です。
◆このセットにあな吉手帳を始めるために必要なものはほとんどそろっています。

気になる口コミは?

 それでは実際に購入した方の感想を見てみましょう。

【あな吉手帳を使ってずいぶん経ちます。とても生活が楽になって手放せない存在です。
あな吉は使い始めるまでの準備が結構大変なのですが、これはほとんど揃っているのですぐ始められます。背表紙の紙がリバーシブルになったのはうれしいです。
表紙の紙のデザインがイマイチだったのが残念です】

【印刷するのが面倒な私にとって、このセットは大助かり。それに、紙質もとても気にいってます。軽いし背表紙を入れ替えれるのも助かります】

【このダイアリーが出る前は、自分でカレンダーを印刷して使っていたのですが、ここ3年くらいこのダイアリーを使ってます。紙質も良くて気に入ってます。】

【することが多すぎるので感じたことをペタッと付箋で書きこみ貼りつける。簡単に日記と手帳を記入することができます。】

【私には使いこなせなかったです、、わりと機能的にごちゃごちゃした感想。
細かく書いたり貼ったり好きな人向けですね】

【自分の時間を作れる、、そんな夢のような手帳をみつけました!!】

◆実はあな吉手帳を始めるには準備するものが色々とあるんですけど、
このセットならわざわざ準備する手間が省けるところがみなさん良かったようですね。
また家でコピーすると紙質が気になりますが、このセット紙質はいいという声が多かったです。
あと中には使いこなせなかった方もいるようですが、その辺は個人の好みかな~って思います。

おわりに

わたしはまだ「あな吉手帳」を使い始めたばかりなのですが、
とても気に入っています。
というのも、わたしはいつも自分の事、家族(子供たち)の予定、パートの予定、ネットビジネスの事などで予定ややらなきゃいけない事がいっぱいだったんです。
いつも「早くやらなきゃ!」とか
「どうしてわたしは何でもうまくこなせないんだろう?何をやっても時間がかかるの?」
って思っていたんです。
自分は普通の人が普通にこなせることができない、
要領の悪いダメ人間だなって思っていました。
正直今もまだちょっと思ってますけど(^^;
だけどこのあな吉手帳に出会って、自分が予定の管理が下手だったという事に気づきました。
あな吉手帳でだいぶ自分の中を整理できたように感じています。
元々細々とメモするのも好きだったし、ふせんに予定ややることを書き込むこともしていたので、自分には合っていたのかもしれません。
先ほども書きましたけど、あな吉手帳を始めるには、ちょっと色々準備するものがあるので、
それが面倒だという方は、思い切ってこのセットを購入するといいでしょう。
あとはふせんとフリクションボールがあれば始められますよ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする